次デートに繋げる失敗しないためのトーク術

初デート、時間も過ぎて少しは最初の状態から緊張も溶けて会話も弾んできたところだと思います。そこで気にしたいのが次のデートの約束です。初デート終了の30分前のつぎのデートに向けたクロージングタイムの始まり。肝心な部分なので失敗すると初回デートだけの関係で次がない…なんてことにもなり兼ねないのでしっかりと予習をしておきましょう。

時間の内訳や確認方法は大切

話しが盛り上がっているとどうしても時間を忘れてしまいます。クロージングタイムは貴重な30分間で仕掛けるのが大事。時間を気にせずにてデート終了にならないように適度な時間チェックは忘れないようにしましょう。だけどチラチラ時計やスマホばかり確認していると相手に嫌な印象を与えてしまうので注意を!

次、いくら仲が良くなったからいっても女性があなたに好意を抱いたかは別問題です。いきなり最後に「僕のこと、気にいったかな?」なんてストレートな質問がご法度です。それはやり過ぎですよ。初回デートなら次のデートに誘ってもいいかな?くらいのノリで十分です。女性の気持ちがその場でわからない場合は持ち帰ってメールで次回デートの約束を取り付けるほうが心にキズを負わずに済みます。見極めが大切。

失敗する男は積極性に欠ける部分がある

2回目のデートに触れないのも良くないです。メールで聞けばいいや〜と考えている人もいるかもしれませんが、初回デートの終了30分前は次も会いたいといった自分の気持ちを相手にうまく伝える時間でもあります。約束のとりつけは後日で良いとして自分の気持ちはさりげなく伝えておきましょう。

最後はダラダラと切り上げをしない男は嫌われます。そして切り上げは女性から言わせるのではなく男性から一言を言いましょう。確かに時間が足りない。もっと会話をしていたいといった気持ちがあるかもしれませんが、足りないと思っている方が今後も燃えてくるものです。

デートができてもまだまだ本音では話せない関係のはず。次回デートの約束をしようとしても女性の本音まで除くのは初回デートでは不可能。社交辞令の場合の返事だってあります。ですからあまりガツガツと次回デートの約束は取らないように。シンプルイズベストですよ。

MENU

Copyright (C) 東京杉並区アパレル店員カズの婚活ブログ All Rights Reserved.