婚活で成功するためのメールテクニック

メールテクニックは特にネット婚活において強い武器となります。ネットで交際相手を探す場合、基本は文字でのやり取り。メールやチャット形式が一般的となります。つまりメールテクニックを覚えるとかなり有利な形で女性とやり取りができて、交際まで発展しやすい手法といえます。

重要なのに意外と多くの男性はポイントを知らずに女性が好むメールを送ることができません。良いメール、悪いメールを知ることで自ずと最適なメッセージのやり取りができるようになるのでぜひともマスターしていきましょう。

メールの駄目な例

  • 慣れ慣れしい長文メール
  • 形式的なテンプレメール
  • プロフィールに記載するべき情報を隠してもったいつけるメール

このようなメールを送っている方は女性から印象が良くないと思って下さい。特に相手におくるメールで女性の名前やニックネームなどを書かない、プロフィールに言及しないことは誰にでも同じようなメールを送っているという印象を与えます。要は数うちゃ当たる作戦と思われます。

意外と思うかもしれませんが、このようなメールをおくる男性は非常に多いです。特に女性とあまりコミュニケーションを取るのが苦手な人はこういったメールをおくりやすい傾向があります。

メールの良い例

  • 女性の名前は入れる
  • プロフで興味を持ったポイントを明記
  • 女性との共通点やアピールポイントを入れる
  • 季節ネタを入れ込んでテンプレメールでないことを明確にする
  • メール内容から自分のプロフィールも見てもらう工夫をする

ネット婚活におけるメールでアピール方法はまず共通点を見つけたりプロフを見て興味を持ったポイントを明確に相手に伝えることからです。またメール文章は暗い感じではなく明るい印象を与えるようにするのもポイント。

ネガティブ系のメールをおくって喜ぶ女性というのはまずいないでしょう。そのため、メール文章ではあまりネガティブワードを入れるのは避けるようにしましょう。誠実や正直なところが相手に伝われば女性もあなたに好印象をもつキッカケとなります。

また長文メールよりは要点を絞った簡潔なメールの方が最初は読みやすく女性に情報も伝わりやすくなります。

長文を書くと熱意が伝わりやすいと感じる人は多いですが、 決してそんなことはありません。人間の心理はわかりやすければ、わかりやすいほど、行動に繋がるといった心理法則があります。

MENU

Copyright (C) 東京杉並区アパレル店員カズの婚活ブログ All Rights Reserved.