初デートのご飯代、お会計はどちらが払う?

初デートで難関にもなるのがお会計タイムです。割り勘でいいのか?それとも男のおごりになるのか?思惑が交錯してしまう時間でもあります。女性の金銭感覚や初デート時の基本的な会計時の振る舞いなどを勉強していきましょう。

まず、初デートであれば基本的には男がおごるのが基本です。女性は男性に経済性も求めています。初デートのごはん代も払えないようでは結婚後の経済的な面で苦労をすると感じてしまうかもしれませんよね。

例え初めて会ってデートした女性が自分のタイプでない場合でも大人な対応、そして勉強と思いお会計してあげましょう。

格好いいメシ代の支払い方

「おごります!」ではなんかスマートな感じはしませんよね。大人の男を演じて格好いい会計の演出をするのであれば、「会計を済ましてきます」といったシンプルかつスマートな言い回しで女性よりも先にレジにいって支払いを済ますと格好良いです。

また女性は最後にトイレに行きやすいです。そのトイレに立っている間に会計を済ませてしまうのも1つの手法です。

女性から割り勘提案があった場合

もし女性の方からごはん代の割り勘提案があった場合、基本的に断るのが男です。食い下がれた時だけ割り勘でも良いでしょう。

かなり頑固に割り勘提案を食い下がられた場合、次の機会にごちそうしてくださいと一言いうだけで、また会える可能性もありますし、女性も納得してくれやすいです。

中には会計時に男が払って当たり前といった感じの女性もいますが、男性と女性では金銭感覚が違ったり、男性に奢られなれている女性もいます。受け入れがたい感覚でもありますが、事実こういった女性も多いです。しかし、金銭感覚が違うといった感じで捉えて妥協するときも大切です。

MENU

Copyright (C) 東京杉並区アパレル店員カズの婚活ブログ All Rights Reserved.